FC2ブログ

お義父さん

  • 2019/03/14(木) 16:12:18

岐阜高島屋での「高橋克典ガラス展」 3月5日に無事に終了いたしました。

ご来場いただいた皆様に心からお礼申し上げます。



実は岐阜の義父は昨年12月から入院しており、夫も何度か会いに行き、
私も2月半ばにお見舞いに行きました。

その折、お義父さんにあとどの位の時間があるだろうと感じ、私は正直不安でした。
「克典さんはもうすぐ個展で帰ってきますから、待ってて下さいね」と言うと、頷いてくれた義父。

毎日祈っておりました。
そして個展が終わるのを待っていてくれたように、3月7日に義父は逝きました。

夫は個展期間中は毎日会うことが出来、見送ることも出来ました。
普段は岐阜と福岡と遠く離れているのに、有難いことでした。

穏やかでやさしく、いつも私たちを応援してくれたお義父さん。
昨年秋に父母揃っての米寿を、みんなでお祝い出来たことは幸いでした。
そして2年前になるのか、私が帰省した折、義父とふたりで近所を散歩したことも
思い出です。

お義父さん、ありがとうございました。

これからもがんばります。見守っていて下さいね。




個展、始まりました

  • 2019/02/28(木) 15:39:09

昨日から岐阜での個展が始まりました。

新作を少しご紹介させてください。

ichirinzasi1902.jpg
高橋克典作 扁平角一輪挿し
ichirinzasi19022.jpg

四角い型に吹いた一輪挿しで、型に工夫をして表面に凹凸があります。
それがちょっとレトロな感じでもあり、底にたまったガラスの紫や琥珀がとてもきれい。
普段に使いやすい花器だと思います。


kaki19022.jpg
高橋克典作 銀ドット外被せ扁平六角花入
白い襞に銀のドットが散って、雪山を想わせます。

高橋の作品は「繊細」だとか「優美」だとかいう感想を頂くことが多いのですが、
これはとても力強い。今までとはちょっと違う世界が出来たと思います。


kaki1902.jpg
高橋克典作 白金彩流紋花入

いやあ、きれい! と芸のない感想。
底近くの青の流れが特に好きです。

作家は毎日会場でお待ちしております。
画像で見るより数倍美しい。
どうぞご高覧下さいませ。




高橋克典ガラス展のお知らせ

  • 2019/02/15(金) 14:26:00

久しぶりの個展です。

高橋克典ガラス展

◆平成31年2月27日(水)~3月5日(火)
  午前10時~午後6時30分 ※最終日は午後3時閉場

◆岐阜高島屋  8階美術画廊 
  岐阜市日ノ出町2-25
  ℡ 058-264-1101

takashimaya1902.jpg
高橋克典作 虹彩銀影花入
※クリックで拡大してご覧いただけます

故郷の岐阜で3回目の個展。

たくさんのご来場を心からお待ち申し上げます。

1月最終日

  • 2019/01/31(木) 15:53:37

もう1月も終わります。 早いなあ。

最近のこと、とりとめもなく。

もう白梅も咲いています。
hakubai1901.jpg
冷たい空気の中で清らかな香りを放ちます。


明太子屋さんから届いたカタログの表紙。
fukuya1901.jpg
このデザイン好きだなと、よく見れば
fukuya19012.jpg
鶴の顔はご飯で頭の赤は明太子なのでした。ふふ。

そしてハル。
haru19012.jpg
こののんきで安らかな寝顔を見ると、どの人も「いいなあ」とおっしゃいます。
大人になると、こんな安らかさはなかなか感じられないからか?
私もうらやましい。

あっという間に過ぎた1月。
体調に気を付けて、元気に2月を頑張りたいと思います。

皆様も風邪やインフルエンザ、お気を付け下さいね。




新年

  • 2019/01/07(月) 13:00:21

あけましておめでとうございます。

とご挨拶している今日は、早や七日。
相変わらずのブログです。

年末年始も忙しく、お正月をゆっくり過ごすといったことは
何年もない気がするけれど、
家族揃って新年を祝えたことは幸せです。

そしてご注文頂いていたガラスを納品した今日が、年明けで一番落ち着いた気分です。

koubai1901.jpg
気が付けば、紅梅が数輪花を咲かせているのでした。


そして年末年始のハル。
haru1901.jpg
帰省した娘に自分勝手に可愛がられ、不服そうなお顔をしております。


皆様にとって幸多き年となりますように。

今年もよろしくお願い申し上げます。




新年の器

  • 2018/12/29(土) 12:30:00

今年も今日を含めてあと3日。

正月準備はまだまだですが、こんなものを作りました。

syuki1812.jpg
友達が博多水引のボトルペンダントをくれたので、
これはお正月に使いたい!

水引を結ぶと浄化され運気を呼び込むのだそうです。

で、私作の垢抜けないとっくりとそれに合わせて冷酒グラスを作ってみよう、と。
ashi1812.jpg
グラスの脚に気泡が入っているのがポイントですが、下手だなあ。
これでも出来のいい方で、
こんなに沢山作ったんです。
syuki18122.jpg
先生(夫)からは「きのこの山」とからかわれ・・・

ウチには夫や他の作家さんの素敵な酒器があるけれど、せめて自分で使ってみよう。


さて、今年の更新はこれが最終になると思います。

家族みんな大病もせず過ごせました。
この数年では一番穏やかに過ごせたかもしれません。


還暦という節目の年に、中学や高校や若い日を共に過ごした人たちと再会する機会もあり、
皆それぞれ、色んな事があっただろうけれど、頑張ってきたんだな、今生きて、笑いあえて
うれしいな。わたしも頑張らなきゃな、と思えた年でした。

そしてたくさんの方に支えられ、励まされて過ごした1年です。

こんなブログにお付き合い下さった皆様、ありがとうございます。

どうぞ良い新年をお迎えください。

明日は工房に親戚30名以上が揃って、にぎやかに餅つきです。