FC2ブログ

さなぎ

  • 2009/08/23(日) 18:10:24

蝶々が飛んでいく姿には、何故か心を惹かれます。

目に見えない何かを運んでいるような。それは誰かの気持ち、あるいは魂。
ひらり、ひらり、重力を感じさせない、舞うような姿にそんな妄想を抱きます。


で、先日のこと。展示室の外壁で夫がさなぎを発見しました。
どうして壁に?

これは蝶のさなぎだろう。しかしどこから来たのだろう?
何て話をしていると、青虫がやってきました。「こいつだな」
そこで夫はネットで調べたそうです。どうやらキアゲハの青虫とさなぎらしい。
キアゲハは人参やパセリなどを食べるそうで、すぐそばの父の畑を見てみると
人参の葉っぱにいます、います。
カラフル!

展示室まで遠征してきた青虫はその日の夕方には、シンビジュームの葉っぱで
さなぎに変身しておりました。
なりたてのさなぎ
これが蝶々になるとはあまり想像できませんが、静かに命が育っている。

そういえば、絵本の傑作「はらぺこあおむし」は、この劇的変化を楽しく表現したものでした。

そして読み終えたばかりの村上春樹「1Q84」 では「空気さなぎ」なるものが重要なモチーフとして登場していたのでした。

羽化するところを見てみたい!


ブログランキングに参加しています。
応援クリック、どうぞお願い致します


人気blogランキングへ  ココをポチッと



スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

またまたオジャマします^^ヾ
こんな青虫が蝶々に変わるなんて、本当に不思議で神秘的ですよね。
蝶々は幻想的で霊的でさえあり、とっても魅力的だけど、やっぱり青虫は苦手です・・・
それはさておき、1Q84、読んでみたくなりました。
「空気さなぎ」なるものの正体を確かめたいです♪

  • 投稿者: ノブ
  • 2009/08/23(日) 19:27:38
  • [編集]

ノブさん

青虫、苦手な女性は多いですよね。

1Q84 は読み終えたばかり、私の中でまだ未消化で、うまく感想が言えないのですが、最終章で空気さなぎがはらんでいたものは、心をギュとしめつけるようなものでした。

  • 投稿者: ゆきこ
  • 2009/08/24(月) 16:39:21
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する