FC2ブログ

ギボウシ

  • 2009/04/18(土) 20:29:12

ギボウシの新芽が美しい!
新芽の美しさは格別です

斑入りがカッコイイ
この、斑入りが大好きなのですが、何年も鉢植えにして今年ようやく株分けしたギボウシは
(根がパンパンに張っていて、鉢から引き抜くのに一苦労でした)
ほとんど斑が入らなくなりました。 何故かな?

ギボウシはもともと日本に自生していた草で、江戸時代にシーボルトが持ち帰って以後
ヨーロッパでも広まったそうです。その美しさはイングリッシュガーデンなどにも多用されていますよね。 
なのに最近園芸関係の雑誌などではギボウシのことを 「ホスタ」と呼ぶ。

私には何だかしっくりこないのです。カタカナで呼ぶとカッコイイような気がするのかな?
バラのことをわざわざ「赤いローズ」と呼ぶような、滑稽さを感じます。
どうでもいいと言えば、どうでもいい。でも、こだわるんです、ワタシ・・・



さて、来週22日から始まる福岡県吉井町「ギャラリーぷらす」での作品展。
昨夜オーナーが作品を取りにみえました。
大きな花器やランプなどをお持ち帰りいただきましたが、実はまだまだあるんです。

制作の合間をぬって、夫は一生懸命仕上げ作業。
そして私は梱包したり、プライスカードを作ったり。

で、包みながら、やっぱりイイなあ、とほれぼれ。

古民家のしっとり落ち着いた空間で高橋克典のランプや花器がどんな表情を見せるのか? 

きっと楽しんでいただけると思います。



高橋克典ガラス作品展のお知らせはこちらです


ブログランキングに参加しています。
応援クリック、よろしくお願いします。


人気blogランキングへ  ココをポチッと





スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ほれぼれ・・・

ガラスにですかi-179
昨日、丸善に行ってきました♪
私もほれぼれして参りました~i-233
色合いが素敵だし、独特のまろみというか、手にしっくり馴染みそうで、やっぱりいいなぁと思いましたi-189

  • 投稿者: ノブ
  • 2009/04/18(土) 22:47:51
  • [編集]

ノブさん

(もちろんガラスにです)とブログに書いて、わざとらしいかと消したのに、やはり突っ込まれてしまいました(笑)

わざわざお運びいただき、ありがとうございました。
高橋の色使いは独特でかなりイイとワタシも思っています。
ああいう発想はどこから生まれてくるのでしょう?

  • 投稿者: ゆきこ
  • 2009/04/20(月) 18:57:05
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する