FC2ブログ

オリンピック閉幕

  • 2008/08/25(月) 18:09:58

北京オリンピック、終わりましたね。

オリンピックに出るというだけで、特別な才能とたゆまぬ努力の証しです。
でも厳然と結果がついてまわるのも、スポーツ競技。
そこに様々な喜びや涙があり、私たち観る者を惹きつけるのでしょう。

今回、金メダルを取れたらいいなと思っていたのは谷亮子選手。
何故かと言うと、金を取らなきゃ彼女は喜ばないから。

高校生で始めて臨んだオリンピックで、銀メダル。16歳で、初の五輪で銀メダル!
とっても素晴らしいことなのに、彼女はちっともうれしそうではありませんでした。

金は確実といわれて臨んだアトランタでもまさかの決勝戦敗退。呆然とした姿を思い出します。

そして3度目のシドニーでは「最高でも金、最低でも金」と言って金メダル。
次のアテネでは結婚していて「谷でも金」

「北京ではママでも金」と公言するヤワラちゃんに、そこまで自分を追い込んでゆくものか・・・
凡人の私はむしろ痛々しさのようなものまで感じました。

金を取らなきゃ喜べない。そんな高みにまでいってしまった人の、素晴らしさよりもしんどさの方に
思いがいってしまうのは、私が凡人の証拠でしょう。

銅に終わった今回。胸の中では悔しさが渦巻いていただろうけれど、応援してくれた人たちへの感謝の言葉を繰り返し語っていた彼女。そこにヤワラちゃんの、人間としての強さと成熟を感じました。
すごいなぁ。


すべての選手に「お疲れさまです」

ブログランキングに参加しています。
※皆様のお陰で思いがけず安定していたランキングですが、このところかなり下降気味です。
 よろしければ、ついでにポチッとお願いいたします。
応援クリック、お願いします。


人気blogランキングへ  ココをポチッと



スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

過ごしやすくなりました

このまま一気に秋!になればいいですが、
そうはいかないでしょうね。
夏休みもあと5日。!!!
今日は息子の学校の三者面談でした・・・・。
先生の‘すべては自己責任‘とおっしゃったこと、
まことにそうだなぁ、と思いましたが、
できれば、転ぶ前に手を差し出してやりたいのが親心というものではないか・・・
見守るのも大切なのだとは思うのだけど、気持ちが
ついつい小言となってあらわれてしまう・・・
これが愛情なのだよ、などと言っても、
伝わるわけないよね。
私もかつて通った道だもの・・

このブログ、まだまだ新参者の私ですが、
これから秋、冬と季節が変わり、
それとともに高橋さんのガラスの表情が
どのようになっていくのかを
拝見していきたいと思います。

また来ます。じゃね。

  • 投稿者: あゆみのはは
  • 2008/08/26(火) 16:55:16
  • [編集]

あゆみのはは様

「気持ちがついつい小言となって」 深くうなずいてしまいます。
私など、親とはそういうものだと開き直っているところもあり、「おかあさんにガミガミ言わせないで!」とガミガミ怒ったりすることも。それも勉強とかのレベルではなく、基本的な生活態度についてですからね。やれやれ。

一方受験生というものは、この世の苦難を一身に引き受けているような心境になったりするもので、なかなか付き合うのは難しい。まして娘しか持たないので、中学生男子の心情というのは、女の子以上に難しいのかと想像します。
応援する気持ちが上手く伝わって、子どものやる気を引き出す。なんて風になればいいのだけれど。
ねえ・・

  • 投稿者: ゆきこ
  • 2008/08/26(火) 19:02:27
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する