FC2ブログ

売るということ

  • 2008/07/03(木) 17:54:22

6月初めにご紹介した、福岡のギャラリー「工芸たきぐち」での企画展。
高橋のガラスもいろいろな方のお手元にいったようです。

大皿ブルー
この 高橋克典作 「白金彩 銀ドット皿」 はお料理屋さんがお店用にお求め頂き、
料理を盛られたお皿を見て気に入って下さったお客様から、更に注文を頂くという、うれしい展開もありました。

企画展は終わったけれど、もう少し高橋のガラスを並べたいと、オーナーが工房まで来てくださいました。
器を扱う方のご意見は、作家とはまた別の視点があり、とても参考になるものです。

で、問題はここから。
ブログに書いたもんだか、迷ったけれど、書いちゃいます。

展示室の作品をご覧になっていたオーナー、事務机の下に積み上げられていたガラスに目を留め
「ちょっと見せて」とおっしゃいます。
それはわたしが教室で作った作品で、中から2点ほど「これももらっとく」と。
いや、まだ、売り物になるような出来ではなくて。と申し上げたのですが、
「私が良いと思うから、いいんじゃない?」とのことで・・・
オパールとピンクの組み合わせ
このお鉢です。
色と柄は私も気に入っています。ただ、カタチがね、ちょっとね。

工房のセールで生徒作品として販売させてもらったことはあるけれど、お店に置いていただくなんて!
もちろんうれしいけれど、いいのかな?という気分です。

夫が底をきれいに仕上げてくれました。「ゆ」というサインをいれました。
今頃はお店に並んでいると思います。
どなたかの目に留まるかな? そしてお買い上げいただけるかな?

自信をもって売れるような作品を、作れるようになりたいと、強く思った私です。


ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

人気blogランキングへ ← ココをポチッと





スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

おめでとうございます!

私も好きな色合いですe-420
売り手さんの目を引いたくらいですから、きっと、ご縁のある方が現れるでしょうね!
ドキドキしますね~v-344

  • 投稿者: ノブ
  • 2008/07/03(木) 20:00:37
  • [編集]

ノブ様、ありがとうございます。
しかし、「おめでとう」と言っていただくと、改めて、かなり、恥ずかしい私です。

恥ずかしくないガラスを作らねば。

  • 投稿者: ゆきこ
  • 2008/07/04(金) 18:38:38
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する