fc2ブログ

坂道で

  • 2023/12/12(火) 14:47:30

先日、郵便を投函した帰り道。
国道を横切る車椅子の男性を見かけました。
ここは信号はあるけど横断歩道はなく、歩道橋がかかっています。
中学やスーパーへと渡る道で、歩道橋を渡るのがつらいお年寄りなどが
横切ってちょっとハラハラしたりする場所です。

で、国道を横切ったらすぐに後ろ向きになり、坂道へむかう車椅子の男性。
短いけれど、結構急な坂です。
私は驚いて、思わず「何かお手伝いしましょうか」と声を掛けたのだけど、
その方は「いやいや、足馴らしのつもりで」と。
右足は元気に動いており、片方の足を切断されているようでした。
「一度押してもらったら、次もまた、誰か押してくれんかなあって気分になりそうですから」
明るくおっしゃいます。

「じゃあお気をつけて」と別れたのでした。
自分で出来ることは自分でやるという姿勢に感服しましたが、
私の行動はどうだったのか? しばらく考えてしまいました。

余計なお節介だったろうか。
でも手伝いが必要かどうかは声を掛けないと判らない。
こんな場面にほとんど遭遇してこなかったこともあります。
必要であれば気持ちよく、必要でなければそれはそれで、
自然にふるまえればいいのかな。

すっかり葉を落としたイチョウの樹。
ityou2312.jpg

ityou23122.jpg
きれいだからと理由を付けて、そのままにしています(笑)


スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する