FC2ブログ

無心になれること

  • 2007/04/15(日) 10:00:00

ビオラ・ラベンダーシェード

今シーズン育てた中で一番好きな色のビオラです。

ガーデニングをしている方、と書いて
どうしても感じてしまう違和感というのか、気恥ずかしさは何でしょう?
たぶん私の中に
「ガーデニング=洋館の前に広がる素敵な庭で花を育てる奥様」
というような勝手な思い込みがあり、自分がやっている土いじりをガーデニングと呼ぶのはなあ・・・ という気分があるのです。
随分前から世間では花と緑を育てることをガーデニングと言っているようだし、変にこだわることもないのに、こだわる質の私です。
長い前置き、すみません。

書こうとしているのは“花がら摘み”のこと。
花を育てている方ならおやりになっているでしょう?
ビオラやパンジーは長い期間、次々と花を開きますが、同じ位しおれていく花もある訳です。それをそのままにしておくと、植物は種をつくることにエネルギーを費やし、新しい花がつきにくくなるのだそうです。
そこでしおれた花をつんでやるのが大切(と“ガーデニング本”には書いてあります。)

上のビオラの花がらを摘んだだけでこんなになります。
花がら


でもこの作業、無心になれて、私は好きです。

その他、花壇の土を耕したり、雑草をせっせと抜いたり、
そんな作業も不思議と無心になれる時。

無心で花がらを摘んでいると結構な時間が過ぎています。
今やるべきことは沢山あるのに、そうやって仕事を積み残しては
あせりを募らせる、さばけない私の今日この頃です。


ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

人気blogランキングへ               

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する