fc2ブログ

シネマ歌舞伎

  • 2022/05/11(水) 13:02:45

昨日はシネマ歌舞伎を観てきました。

「桜姫東文章」 さくらひめあずまぶんしょう
これは昨年、片岡仁左衛門と坂東玉三郎が36年ぶりに共演し
話題になった演目です。
新聞で劇評を読み、いいな東京、いいな歌舞伎座、博多座ではやらないよね
と思っていたら、シネマ歌舞伎で登場!
先月が上の巻、今月下の巻の上映です。

いやあ、面白かった!
現代から見れば、というより女の立場からするとその設定はどうなの?!と
ツッコミたくなりますが、そこを飲み込めば、これでもかという因果が巡る恋のお話。
スキャンダラスでエグイです。

片岡仁左衛門様は僧と悪人の二役を演じ、僧であっても匂いたつ色気、
ぞくっとしながら惹きつけられるワルのカッコよさ。
本編前のインタビューで語る、その穏やかなお顔と話しぶりからは
想像がつかないほどの変身。
役者やなあというのはこんな時に使っていいのでは?

玉三郎の美貌と繊細な所作も勿論、主役の二人は本当に素晴らしく、
二人で見得を切る姿の美しいこと。
映画館だけど拍手したくなるほどに。

江戸時代の歌舞伎はエンターテイメントだったのだなぁと得心する大満足の舞台。

以上興奮気味のご報告でした(笑)

ナデシコが花盛り。
nadeshiko22052_20220511125749a87.jpg

種を蒔いたのは何年前か? 
nadeshiko2205.jpg
多年草で春にも秋にも花を咲かせるおりこうさんです。








スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する