FC2ブログ

標(しるべ)

  • 2008/02/02(土) 18:11:03

標
高橋克典作 「標(しるべ) she'll be」

1998年 長野オリンピック文化芸術祭・野外ガラスモニュメント展に出品した作品です。

空中に浮かんだように見えるガラスのリング
she’ll be2
透明な板ガラスを貫くように、リングがあります。

当時はアパート暮らしだったので、展が終わっても置くところがなく、岐阜の実家に預けっ放しになっていたのを、昨年の暮れに送ってもらいました。
12月のドマーニでの作品展に出し、(道行く方が不思議そうに立ち止まって観ていらっしゃいました)今やっと工房の展示室に据えられました。
she’ll be8

昨日、夫(高橋)が据え付けしているところに帰ってきた娘、

娘 「うわ、何、これ?」

夫 「どこでもドア」
 
娘 しばらく眺めて、「何を表現している訳?」

夫 「だから、どこでもドア。ここから過去へも未来へも行けるんだよ」

娘 「おかあさん、おとうさんが、何か、らしくないこと、言いようよぉ」

って、それは失礼じゃありませんか?


ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

人気blogランキングへ ← ココをポチッと!

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

黒いところの素材はなんですか?

 この作品はおもしろいですね。
 写真ではよくわからないのですが、黒いところの素材はなんでしょう?

  • 投稿者: shun
  • 2008/02/03(日) 16:23:06
  • [編集]

コメント、ありがとうございます。
お尋ねの黒い部分、土台は鉄のH鋼で、それをガラスのパーツに合わせてくりぬき、嵌めこんだところへセメントを流し込む。で、後から黒く塗装する。という作業がなされたそうです。
反対側は白いセメントにガラスの粒が埋め込まれています。
聞いただけでも、手の込んだ仕事だと思いました。

  • 投稿者: ゆきこ
  • 2008/02/04(月) 17:14:50
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する