FC2ブログ

ほんのにわ

  • 2021/03/31(水) 15:05:04

「ほんのにわ」という絵本をもらいました。
みやざき ひろかず作 偕成社

プレゼントしてくれたのは、中学からの長い友達です。

コロナと母の病気などもあり、長く友達とも会えずにいましたが、
先週は“友達ウィーク”
偶然に三組の古い友達がそれぞれ訪ねてくれました。
すごく久しぶりの友との会話に、私は楽しく励まされました。


さて。
「ほんのにわ」はやさしい絵柄にちょっと不思議なお話の本。
父も庭師だった庭師が主人公です。

「にわを つくるのは、えを かくのに すこし にている。
きや はなや いしで いちまいの えを かくように
にわを つくる。
なんねんかさき、きや はなが そだった すがたも
かんがえながら。 」
という一節に、うんうんと頷きます。

そして父がかつて作った庭の手入れにいくと、その家の奥さんが
「あなたの おとうさまが うえてくださった はな
ことしも さきましたよ」 と。

「えかきが えに いれる サインのような、
とうさんのしるしが こんなふうに みつかる。」

というところで、胸がきゅっとなる。

父が自分の手で作り、そこに母が球根や宿根草を植えた両親の庭は
二人のしるしにあふれています。
今咲きだしたリンゴの花やフリージャや、四季おりおりに。
そんな風に思うとうれしくて、両親の庭がいっそう愛おしく思えます。

友達はこの本を読んだとき、わたしに、と思ってくれたそうです。
自分を理解し、思ってくれる友がいることを、しみじみ幸せだと思ったことでした。

ありがとう!

ringo2103.jpg

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する