FC2ブログ

2 2 2

  • 2020/02/22(土) 16:28:37

今日は2020年・令和2年の2月22日。
ただそれだけのことですが、娘のお友達は今日入籍すると聞いたような。
だったら、おめでとう!

さて。
一昨日は亡き父の誕生日でした。
亡くなった人は命日に偲ぶものだけど、
著名な作家や音楽家は生誕100年とかいいます。

とすれば、父は生誕89年。中途半端(笑)
お赤飯を炊いて供えました。

最後に祝った誕生日はすき焼きだったけど、好物のタコのお刺身のほうを
よく食べてたな、など思いながら。
それから3ヵ月もしないうちに別れが来るなど、あの時は思いもしなかったな、とか。

祖父母をはじめ、大切な人、私を可愛がってくれた方々を何人も見送ってきたけれど、
正直に言えば父がいないつらさは別次元で、時が経っても変わりません。
このつらさに耐えていくのが人生なのかと思うようになりました。

それでも暮らしていけるほどには年を取っていて、有難いです。

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ゆきこさん

春一番も吹き、今季の雪v-276の心配はもう無いでしょうか。

ゆきこさんのお庭は春爛漫で、画像を眺めてると温かな陽射しをうけたみたいにぽかぽかした気分になります。白×黄色のビオラは珍しい!しかもとても可愛いですv-350

そしてハルちゃん♪前回のくつろぎ足ちょろりんポーズとうって変わって別人!?
お行儀良く一生懸命にTVを見てる後ろ姿がこれまた可愛いらしいですねv-10

ゆきこさんのお父様への気持ちのお話。
私の中で父のことを思って感情を抑えられずに涙が溢れる時があります。他愛もない事を思っただけなのに。母や姉と話すときは笑って話せる父のこと。でもふとした時に寂しさ?悲しさ?後悔?感謝? 8年経った今でも涙が溢れます。

大切な人との別れを身をもって教えてくれた父。この”時薬”も効かない症状とず~っと付き合っていかなくてはですね。
でも、もう少し上手な付き合い方が見つからないかな~(笑)

  • 投稿者: ユーカリ
  • 2020/02/24(月) 17:26:47
  • [編集]

ありがとうございます

ユーカリさん

そうなのですね。
私よりずっとお若い時にお父様を亡くされたのですね。

父のいないつらさ、苦しさはどうしようもなくて、
耐えていくしかないのかと思うようになったんです。

それだけ大切な人、大好きな人だったのだと
思い知ります。
そんな親がいて幸せだったんですよね。

  • 投稿者: ゆきこ
  • 2020/03/02(月) 16:07:47
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する