FC2ブログ

朧月夜

  • 2018/04/11(水) 16:30:52

口のリハビリを兼ねて、母とは毎日一緒に歌を唄います。
この季節、よく唄うのは「朧月夜」

「朧月夜」

作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一

菜の花畠(ばたけ)に 入り日薄れ
見わたす山の端(は) 霞(かすみ)ふかし
春風そよふく 空を見れば
夕月(ゆうづき)かかりて におい淡(あわ)し

里わの火影(ほかげ)も 森の色も
田中の小路(こみち)を たどる人も
蛙(かわず)のなくねも かねの音も
さながら霞(かす)める 朧(おぼろ)月夜

暮れかかった春の、暖かく静かな空気。
景色だけでなく、その体感まで思い浮かべる、大好きな歌。
日本の、ふるさとの、原風景といえるような世界だと思います。
でも、と考える。
私はこんな景色の中に身を置いたことがあるだろうか?

いつか、こんな里山に行ってみたい。

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する