FC2ブログ

オリンピック閉幕

  • 2018/02/26(月) 23:39:11

平昌オリンピックが終わりました。

ほとんど家で過ごす身なので、結構リアルタイムで観戦いたしました。

うれしかったのは、フィギュアスケートの宇野昌磨くんが銀メダルを獲ったこと。
(ファンですからね)
良かったなあと、テレビの前で余韻に浸っていたら、試合後のセレモニーについて
若い女性スタッフが宇野くんに段取りを説明していました。
マンツーマンで。 宇野くんはちょっと笑顔も見せていて。
見ていた私、思わず「あの娘、いいなあ」と呟いていて、隣にいた夫は苦笑しておりました。
自分でもバカだなぁと思うけど、何しろファンですから、ね。

メダル授与式では、日本の赤いコートを着た小柄な彼が、腕を下すと指先まで隠れちゃう。
「これから大きくなるんだからと、今の体より大きめな制服を誂えられた中学1年生」みたいで、
かわいいなあと思ったり。
ホント、バカだけど、ファンですから許してください。


そして印象に残ったのは、スノーボード・ハーフパイプの平野歩夢くんです。

彼の魅力をうまく言葉に出来ないのですが。

平野歩夢は騒がない。
あれだけの演技(勝つにはこれしかないと思い定めて挑戦してきた技)を見事にきめた時も。
なのに最後で逆転され時も。(ショーン・ホワイトめ、凄すぎるぞ)

当然悔しいのだけれど、ホワイトには「正直やられた、と思った」と潔く認め、敬意を表し。

ライバル達と高いレベルで競い合えたことが「今まで一の大会だった」と語り、
「楽しかったですか?」と聞かれて「楽しかったですね」と。

人前で話すのが特に好きでも、上手でもなさそうながら、
インタビューには彼なりの言葉で誠実に答えていたと思いました。

平野君は目がきれい。
ちょっと遠くを見つめる横顔。
ひたむきに努力してきた人のカッコよさ。

いつか、頂点に立てたと思えた時、彼はどんな顔をするのでしょう?

皆さん、おつかれさまでした。


スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する