FC2ブログ

歌会始

  • 2013/01/18(金) 11:52:57

一昨日の「歌会始の儀」がテレビ放送されているのを、たまたま一部だけ観ていました。

そこで印象深かったのが、入選者・若谷政夫さん(84)の

 「ほの白く慈姑(くわゐ)の花の匂ふ朝明日刈る稻の畦に立ちをり」という歌です。

くわいの花が咲くのはとても珍しいことなのだそうです。
そんな花を見つけた朝の静けさと、立派に育てられたのであろう稲を明日は刈り入れるという充足感のようなものを感じます。

さらに印象深かったのは、歌を詠みあげられる時の起立した若谷さんのお姿でした。

私の父もそうですが、永年日の下で働き続けてきた方特有のなめされた様な肌をなさっておいででした。
失礼ながらお召の式服も着慣れた感じはなく、1万7800首から選ばれた晴れがましさよりも、
皇居での儀式に緊張なさっているような、しかし84歳まで農業を続け、その傍らに歌を詠まれた誠実さがにじみでているような。
「よかったですねえ」とお声をかけたいような気持ちになりました。

で、遠い日の記憶がよみがえった次第です。

私がまだ大学生で実家に帰省し、東京に戻る日のこと。
その時父も東京に所用があり、一緒の飛行機に乗りました。
父は滅多に着ないスーツ姿でしたが、飛行機に乗り込もうとする乗客の中で見れば
日焼けした顔にちょっと古臭いスーツ。これから出張に出かけようとするビジネスマンとは
あきらかに違う雰囲気でした。
そんな父が、その時の私はちょっと恥ずかしかったのです。

もっと大人になってからは、大好きな父のことをそんな風に思った自分が恥ずかしく、
何かの折にふと思い出すのです。

さて、今の父はというと、退院したとはいうものの、食事も生活も色々気を付けなければならないというのに、なかなか守ってくれません。結果私は、非常に口うるさい娘になって過ごしております(苦笑)

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ガラスと一緒のあなたへ

歌会始の儀、小生を観て戴きその時の感想を書いて戴き、有難く幾度も読み返しました。
小生、生まれながらの専業農家で農業ひとすじに八十五年を迎えようとして居ります。
現在は経営を息子に譲り家庭菜園の真似ごとを妻(83歳)として居ります。
それでもトマト、茄子、胡瓜、キャベツ、南瓜、西瓜、ブロッコリー、隠元、枝豆、オクラなど種子を蒔き成長から収穫へ朝摘みの喜びを感じて居ります。
そして又、老人会による週一回のグランドゴルフも楽しんで居ります。
そして公民館にて仲間との短歌会が30年、俳句が40年、月1回の会合も楽しんで居ります。
ところが5月に入り、1ヶ月余の入院となり、日々のもの足りなさを感じ、つくづく健康の有難さを感じました。
あなたのお父さん、娘だから云えるのです。
どうぞ、お大事にして下さい。

若谷政夫

  • 投稿者: わかやん
  • 2013/06/16(日) 20:40:35
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2013/06/16(日) 20:51:22
  • [編集]

若谷政夫様

思いがけないお便りをいただき、大変うれしく、かつ恐縮しております。

ここ数日はパソコンを開くこともなく、お便りに気付くのが遅くなりました。申し訳ありませんでした。

歌会始の放送を拝見したのは、父が退院してからまだ日も浅い頃でした。
若谷様のお歌とお姿がひどく心に残り、どうしてもブログに書き留めたい心境になったのです。

お便りにある、畑仕事にグランドゴルフ、短歌や俳句を楽しまれている日常は、驚くほど私の父と共通するものです。(ただし父はあまり上手ともいえない俳句を詠んでおりますが)

懸命に仕事をし、地域の方とつながりながら楽しみを多くもつ生き方を、私はとても尊敬します。

歌会始の入選は、お歌の素晴らしさはもちろんのこと、若谷様のこれまでの誠実な生き方へのご褒美のようなものではないかしらと思います。

今体調はいかがでしょう?
必ずご快復されて、また奥様と畑仕事を楽しまれることを心からお祈りしております。

父は簡単に済むはずの手術の失敗がもとで、9ヶ月もの入院生活を送りましたが、永年培った体力と精神力で無事に帰宅ができました。今はずいぶん体力も戻り、幸せです。
戦中戦後を生き抜いてこられた今のお年寄りは強いですね。

こんな拙いブログを見つけて下さったのはお孫様だと伺いました。
きっとあたたかいご家族に囲まれ、皆さんが若谷様のご帰宅を心待ちになさっていることでしょう。

どうぞお大事になさって下さい。

生意気で失礼なことばかり書いた記事にわざわざお便りいただいたこと、本当にありがとうございました。

  • 投稿者: ゆきこ
  • 2013/06/18(火) 17:41:03
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する