fc2ブログ

大晦日

  • 2023/12/31(日) 17:30:29

もうすぐ今年も終わります。

昨日は恒例、親戚揃っての餅つきを我が家で。
0歳から88歳まで40名以上が集まって、それは賑やかな餅つきでした。
60kg以上のもち米をついたと思われます。
天気も良くて風もなく、何よりみんなが元気で集まれたことが幸せです。

そして大晦日。
結局大掃除は出来ませんでした。やっぱり(笑)
お仏壇、神棚、自宅、工房にお鏡を供え、花を飾ったくらいが正月準備。
干支のうさぎの土鈴も片付けました。
usagi2312.jpg
一年間おつかれさまでしたね。

戦争が終わるどころか、新しい戦いも始まって、ひどい年でした。
私自身はとにかく元気で過ごせたこと、楽しいことも色々あったことに
感謝しつつ、新しい年を迎えたいと思います。

今年もこんなブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

どうぞよい新年をお迎えくださいませ。

スポンサーサイト



虹彩ランプ

  • 2023/12/27(水) 17:46:31

友人夫妻の喫茶店「こば珈琲」は今日から年末年始のお休みです。
昨日の夕方、展示させてもらったガラスを片付けました。
ひと月近く、色々な方に観ていただけてうれしかったです。

lamp23122.jpg
そして一番奥の虹彩ランプは、こば珈琲にお買い上げいただきました!

lamp2312.jpg
「気に入ってます」とマスター。 うれしいな。

さて。
今日は晴れて風もなく、気温も上がって気持ちの良い日でした。
久しぶりの陽射しがありがたい。

大掃除には絶好の日だと思われました。
で、私は何をしたかというと、乱雑なままの家を出て、外回り。
ぶどうの剪定枝を片付けました。
今年もあと数日だというのに、心が外に向いてしまうのは、中々直らないんだなぁ。
すみません。







年賀状

  • 2023/12/25(月) 16:24:25

余裕なくあくせくと暮らしていた頃は、ただでさえ忙しい年の瀬に
年賀状を書くという風習を恨めしく思ったものですし、
実際年内に書けたこともほとんどありませんでした。

今年年賀状を書きながら改めて思ったことがあります。
文面はパソコンで作り、宛名を書いてひと言添えるだけですが、
その時はその人のことを思う。

日頃からお世話になっている方には心からの感謝を。
楽しい時間を過ごせた友達にはまた会いたいな。
仕事や家庭のことを頑張っている人には自分のことも労わって。
そして遠く離れて中々会えない、若き日を共に過ごした友人には、いつかいつか会いたい!などと。

ごくごく狭い世界で暮らす私にも、いっとき心を寄せる方たちがいて、
そのことが私を励ましてくれるのでした。
それはうれしいことじゃない?

さて。
23日の土曜日、今年最後のガラス教室をしていたら、再びカチガラスがやってきました!
そのおかげか、今日もいいことがありました。 ふ、ふ、ふ♪
そろそろ片づけもしなさいね、わたし。





クリスマスイブ

  • 2023/12/24(日) 16:21:19

初老の夫婦二人暮らしでは、ツリーを飾ったり、大きなケーキを用意したり、
朝起きたらサンタさんから枕元にプレゼントが届いていたり!なんて
華やかなことは何もないけれど、何とか元気でいられることが
とても有難く思えます。

せめて今夜は世界中の人たちが心穏やかに、
飢えや命の危険など感じず過ごせたらいいのに。
全然違う世界の今。
ありがたいと言ってるだけでいいのかな。

sikuramen2312.jpg






冬至

  • 2023/12/22(金) 17:41:29

寒い寒い冬至になりました。
かぼちゃはスープにするつもりでしたが、今日の新聞に「かぼちゃのバター煮」なるレシピが載っており、
これにチャレンジするつもりです。

そして柚子はない。
いただきもののカボスはたくさんあるのだけれど、お風呂にいれたらダメかしら(笑)

千日紅の最後の花をドライにしてみたものがあり、ふと思いついて
畑のローズマリーと組み合わせて作った、スワッグと呼ぶのはおこがましいような何か。
swag2312.jpg

千日紅は作る過程でぽろぽろ落ちちゃうし、
きれいだから取っておいたリボンや松ぼっくりにも応援を頼んでみたものの、
センスの無さがもろに分かる出来。 残念です。
でも折角なので、とブログにあげる厚かましさをお許しくださいませ。


寒波

  • 2023/12/21(木) 16:50:56

寒いです。
sora2312.jpg
時折雪も降っています。
ただ、心配した積雪には至らずひと安心。

外でお仕事される方のご苦労を思います。
全国どこでも大きな被害が出ませんように。

そして野菜や花たち、がんばれ~。




最後と初めの

  • 2023/12/19(火) 17:52:17

最後のピーマン
peaman2312.jpg
夏から秋、そして今まで。
何十個とは言わず食べさせてもらいました。
よく頑張ったね。ありがとう。

そしてそろそろどうかな?と抜いてみた大根第1号。
daikon2312.jpg
まだ小さい! もっともっと大きく育ちますように。



アニバーサリー コンサート 

  • 2023/12/18(月) 17:09:20

こば珈琲は今日12月18日で1周年を迎えました。
koba231218.jpg

それを記念して昨日イベントがあり、私たち夫婦もお招きいただいて出かけました。
やはり高校の同窓生で、アイリッシュハープ奏者の香月圭子さんがそれはきれいな音色をたっぷり聴かせてくれました。
ha-pu2312.jpg

丁寧に淹れてもらったコーヒーを頂きつつ、ハープの優しい音色に包まれる。
外は粉雪が舞っているけど、お店の中は暖かく、目の前には高橋の美しいガラスがある。
演奏してくれたジョンレノンの「happy Xmas」を聴いていたら、今の幸せと、世界の悲惨な戦争と、
色んな事がよぎって、泣きそうになったくらいです。

マスター(友人の夫君)はご挨拶の中で色んな方のご縁に感謝されておりました。
その笑顔に、この一年の手応えも感じられました。
友人夫婦の頑張りと人柄が、この味わいと素敵な空間を作り出し、
それに惹かれてお客様が集う場所になっている。 素晴らしい!

そんな場所に高橋のガラスを展示させていただいたこと、本当にうれしいです。
koba231215.jpg

koba2312152.jpg
良き写真でしょう?
私ではなく、撮影上手の友人が撮ってくれました!
私もも少し勉強しなくちゃな。

そしてこば珈琲のロゴを切り絵にしてくれた同窓生はこんな車に乗ってきました!
koba2312173.jpg
お店の前に停めていたら、道行く人は大注目。
暖かくなったら助手席に乗せてとちゃっかりお願いしたわたくしです(笑)





畑の野菜で

  • 2023/12/16(土) 15:52:11

昨日収穫した野菜たち
yasai2312.jpg
葉っぱ用に後から密に蒔いた大根。
これは葉っぱが好きな、お手伝いに来てくれるIちゃんに。
あとは初収穫のカブ2個と春菊です。

間引いたカブの葉にはバッタがまだいる!
batta2312.jpg
このまま冬越し出来るのでしょうか?

昨夜の献立は
mencji2312.jpg
春菊とレンコンのメンチカツにカブと柿のサラダ。

どちらも初めて作りました。
「香りと食感がクセになる、大人の味わいの一品」という
謳い文句に惹かれて作ったメンチカツ。
確かに。 
粗みじんにしたレンコンと春菊が効いています。
そして岐阜の実家の美味しい柿とカブでさっぱり味のサラダ。
塩もみもしないで生で食べるカブもよかったです。

さて、昨日の生ぬるさはどこへやら。
一気に寒くなりました。
皆様風邪など召しませぬよう。



こば珈琲3週目

  • 2023/12/15(金) 16:57:22

今日、こば珈琲の展示を入れ替えました。
開店前に済ませるつもりが間に合わず、そうこうするうちお客様が次々お見えになって。
最初のお客様、散らかしていて申し訳ありませんでした!

で、写真も撮れず。
今回の作品を26日まで展示させて頂きますので、またご報告させて下さい。

今日の福岡は曇っているのに生暖かい。
冬の空気じゃありませんでした。
sumire2312.jpg
だからなのか? 
両親の庭、石畳のすき間からスミレが一輪咲いています。
かわいい♪

日本水仙

  • 2023/12/13(水) 17:47:06

すっくと伸びた日本水仙の葉。
suisen2312.jpg
このキリっとした姿が私は好きです。

いつ頃咲いてくれるだろう?
お正月に間に合ったらうれしいのだが。

坂道で

  • 2023/12/12(火) 14:47:30

先日、郵便を投函した帰り道。
国道を横切る車椅子の男性を見かけました。
ここは信号はあるけど横断歩道はなく、歩道橋がかかっています。
中学やスーパーへと渡る道で、歩道橋を渡るのがつらいお年寄りなどが
横切ってちょっとハラハラしたりする場所です。

で、国道を横切ったらすぐに後ろ向きになり、坂道へむかう車椅子の男性。
短いけれど、結構急な坂です。
私は驚いて、思わず「何かお手伝いしましょうか」と声を掛けたのだけど、
その方は「いやいや、足馴らしのつもりで」と。
右足は元気に動いており、片方の足を切断されているようでした。
「一度押してもらったら、次もまた、誰か押してくれんかなあって気分になりそうですから」
明るくおっしゃいます。

「じゃあお気をつけて」と別れたのでした。
自分で出来ることは自分でやるという姿勢に感服しましたが、
私の行動はどうだったのか? しばらく考えてしまいました。

余計なお節介だったろうか。
でも手伝いが必要かどうかは声を掛けないと判らない。
こんな場面にほとんど遭遇してこなかったこともあります。
必要であれば気持ちよく、必要でなければそれはそれで、
自然にふるまえればいいのかな。

すっかり葉を落としたイチョウの樹。
ityou2312.jpg

ityou23122.jpg
きれいだからと理由を付けて、そのままにしています(笑)


シネマ歌舞伎と落語

  • 2023/12/10(日) 17:36:35

7日木曜は一日遊んでおりました。

まずは中州大洋でシネマ歌舞伎「法界坊」を観る。
nakasutaiyo2312.jpg
2008年に浅草浅草寺で行われた平成中村座の舞台。
主演はもちろん中村勘三郎で、大いに笑わせつつ、
最後は独自の芸をこれでもかと見せて大盛り上がり。
この人がもういらっしゃらないこと、ほんとに残念でたまりません。

そして夕方から博多座で 「立川志の輔 立川生志兄弟会」
落語を生で聴くのは三十数年ぶり、桂枝雀さん以来だと思う。
枝雀さんももういない(泣)

いやあ、面白かった!
志の輔さんはテレビで司会をなさる姿しか知りませんでしたが、
うまいなあ。
今はDVDなどあって、いつでも観ることができるけど、会場に集まり
一緒に笑うゆるい連帯感のようなものが、じわっと幸せな気分にしてくれます。
博多座では毎年兄弟会をなさっているそうで、来年も行きたいです!

この先はクリスマス会も忘年会の予定もなし。
これを遊び納めとして、年末仕事を頑張るぞ、と一応言ってみる(笑)





 

こば珈琲2週目

  • 2023/12/08(金) 17:21:21

こば珈琲でのガラス展示、今日から2週目です。
koba2312.jpg
今回は小さな酒器をテーマに。

koba23122.jpg
ぐい呑みだけ並べてみるのも面白いな、と。

koba23123.jpg
レジ横の風景。
こば珈琲のロゴは同窓生が切り絵で作ったもの。
そして夫のベルの下にちゃっかり並べたのは、昔私が作ったツリーです。
図々しいけど、この季節なのでお許し下さい(笑)

冬の新作
koba23124.jpg
トルタカプレーゼ
小麦粉ではなくアーモンドプードルを使ったチョコレートレーキ。
ほろほろとした食感です。
アイスクリームとイチゴのソースが添えられていて、なんとも贅沢。

その他、お抹茶茶碗でいただくカフェオレやホットチョコレートなど
寒くなると飲みたくなるよねぇのドリンクも加わった充実のメニュー。
どうぞお出かけくださいませ。



枇杷の花

  • 2023/12/06(水) 16:23:36

枇杷の花が咲いています。
biwanohana2312.jpg
毎年言っておりますが、蠱惑的ないい香り。
外に出てふっと香ると、うれしくなる。
スッキリとか爽やかとか、やる気が出るという類の香りじゃなくて、
天蓋付きのふわふわのベッドに横たわりたくなるような
(そんな経験もないのに、どういう比喩だ?)

さて。
こば珈琲に展示していただいている高橋克典のガラス。
店休あけの金曜日に作品を入れ替えるため、今日はその準備をしています。
お客様がアップして下さるインスタグラムにも写っているようです。
有難いこと。

どうぞお出かけ下さいませ。

ガラス教室

  • 2023/12/04(月) 17:48:14

今日からガラス教室に2人、お仲間が増えました。
うれしい♪
ガラスはなかなかに難しい工芸で、1回目からとにもかくにも形が出来る、
なんてことはありません。
だけどやるほど面白い!
息長く続けてガラスの面白さを感じて頂けたらと願っています。

そして春の花の苗。
花壇には植え終わったものの、残りを庭に植える予定がなかなか出来ませんでした。
晴れて暖かかった今日、ようやく植え終えてひと安心しています。
花が咲くまで早い種類であと3ヶ月。
4ヶ月、5ヶ月待つものもあります。
みんな元気に育ってねー。


紅葉

  • 2023/12/03(日) 18:09:29

工房の前に置いている鉢植えのもみじ「青枝垂れ」
kouyou2312.jpg
庭から掘り上げられて、ちょっと気の毒な身の上なのですが
今年はきれいな色に染まっています。 ありがとね。

追悼

  • 2023/12/02(土) 16:05:42

脚本家の山田太一さんがお亡くなりになりました。
私が十代の後半から三十代半ばまで、
テレビの連続ドラマをちゃんと見ることが出来た時代(以後は中々余裕がなく)
山田さんのドラマを一生懸命観たものです。

「それぞれの秋」 「男たちの旅路」 「岸辺のアルバム」 「想い出づくり」
「早春スケッチブック」 「ふぞろいの林檎たち」 などなど

市井の人々を描きながら、その時々の社会問題があぶりだされることに
未熟でもの知らずだった(今もか)若い私は、目を開かれる思いがしたものですし、
人の心の機微にうなったり。

面白くドラマを観ながら、勉強させていただいたのかもしれません。

ご冥福をお祈りいたします。

さて。
昨日嘆いていた行方不明の手袋。
ある残像が浮かんで探してみたら、二組ともありました。
それは「シーズンが終わって洗濯して引き出しにしまった」という
思い込みすべてが間違いだったというもので。
大丈夫でしょうか、私?

snap2312.jpg
ようやく発芽が揃ったスナップエンドウ。
春には美味しいお豆が出来ますように。


12月

  • 2023/12/01(金) 15:16:05

12月は寒い寒いスタートなりました。
真冬並みの気温に今は小雨まで降っています。

お買い物に行かなきゃなのに、手袋が見つからない。
シーズンが終わり、洗濯してあそこにしまったと思っていた引き出しにない。
色々探すけど、見つからない。
整理が出来ていないことはずっとだけれど、記憶すらあやういお年頃になっている。
う~ん。
思いがけず見つけた別の手袋をして出かけます。