FC2ブログ

年の臍

  • 2014/06/30(月) 19:55:50

今朝の新聞に「六月みそかは年の臍(へそ)」と言い、今日が1年の真ん中、
年の半分が過ぎたことをいうとありました。

時の過ぎる早さを嘆いているのは毎度のことで、1年の半分が終わったからと
いって、もう驚かない鈍感さ。
これから嫌いな暑い季節になるけれど、頑張ろうと思います。

さて。
俳優の斎藤晴彦さんが亡くなられました。
東京に住んでいた、もう30年以上も前のこと。
何のきっかけだったのか、予備知識もないまま、劇団黒テントの芝居を観に行きました。
練馬の東映撮影所の中に設営されたテントだっと記憶しています。
その夜は強い雨風で、テントもはためいておりました。
初めて観る斎藤晴彦さんは、圧倒的な存在感で、私はいっぺんにファンになったものでした。

電車やバスを乗り継いで、雨に打たれて、それでも興味がわいたことには
出かける身軽さと自由があったことを、なつかしく思う今のおばさんです。

ご冥福をお祈りいたします。




スポンサーサイト

あざみ

  • 2014/06/21(土) 16:46:02

とてもおとなしい花ですが
azami1406-1.jpg
段々濃さを増してゆく、青がきれいなあざみです。
azami1406-2.jpg

午後から本降りになった今日の福岡。
空梅雨気味で困っていましたが、降れば降ったで鬱陶しい・・・
人の気持ちはわがままです。




紫陽花

  • 2014/06/14(土) 16:04:13

紫陽花の花が咲いています。
ajisai1406.jpg

花器は私作 「サムライブルーの花器」 (時期に乗っかった、こじつけです)

梅雨時になれば、ブローディアが咲いた、枇杷が実った、紫陽花が咲いたと、
毎年同じことをブログに綴っているなと苦笑します。

でも。
毎年それを楽しめるのは、幸せなことでもあるのだ、と。

季節の移ろいを楽しむ余裕も持てないような、
しんどい日々も人生にはあるものです。

一方では地球温暖化で日本の四季や地球の自然が崩れてしまう危険もあるのが今。

穏やかな梅雨があり、紫陽花が咲いて、枇杷が実る、そんな日本が続きますように。




ワールドカップ

  • 2014/06/12(木) 19:55:52

いよいよ開幕、サッカーワールドカップ、ブラジル大会。
わくわくします。

私が好きなのは遠藤保仁選手。
なのに娘は彼のことを、子泣き爺と呼ぶのです。 失敬な!
(まあ、面白いとこ、ついてくるなとも思うのですが)

そしてもう一人、注目しているのが大久保嘉人。
ものすごくいい顔になっているから。
心身のコンディション、W杯への思い、それらの充実が
にじみ出ているような、引き締まった顔。
何かやってくれそうな気がします。

二人とも九州出身です。

頑張れ、日本。 
4年に1度の大会です。
出来るだけ長く応援したいです。




枇杷を盛る

  • 2014/06/11(水) 16:10:38

枇杷の季節になりました。
やさしくあたたかい色をした実がたくさん。 袋がけしてくれた夫、ありがとう!
biwa1406.jpg

biwa1406-2.jpg


器は高橋克典作「白金彩 渦紋広縁鉢」
uzumonhachi.jpg
鉢の裏側にプラチナ箔が銀河のように散りばめられた、贅沢なつくり。

おそうめんに、サラダ。 細かく砕いた氷を敷いて、お刺身をカッコよく盛りつけて。
それだけで、料理のグレードが上がりそうです。

高橋克典ガラス展、広島で13日(金)まで開催中です!






明日から広島で展示会です

  • 2014/06/03(火) 17:15:50

早くも梅雨入りした九州地方。
burodhia1406.jpg
季節の花、ブローディアが咲いています。

さて。
明日から始まる作品展に向けて、高橋は広島へ出発しました。
夫が在廊する6月4日と8日には「ギャラリートーク」というイベントも企画していただいています。
ギャラリーのお知らせ 高橋克典ガラス展

話し上手とは決して言えない作家ですが、ガラスのことなら一生懸命お話させて頂くと思います。

涼やかな風を感じる美しいガラス。
どうぞお出かけ下さいませ。


高橋克典作品展
◇2014年6月4日(水)~13日(金)
  11:00~18:00 (会期中無休) 6月4日と8日 作家在廊

あとりえ しおん
  広島市中区幟町2-1-2F
  TEL&FAX 082-228-0256