FC2ブログ

朝顔

  • 2019/07/22(月) 15:06:02

7月15日に咲いた朝顔の一番花。
asagao1907.jpg

16日に咲いた花。
asagao19072.jpg

以後、まだ花は咲きませんが、混合の種を蒔いたので他の色も咲いてくれるかもしれません。

これがネットいっぱいにツルをからませて、花が咲いたらどんなだろう?
ちょっとワクワクしてきます。

で、思います。
時間がないと言いながら、私が懲りもせず種を蒔いたり、苗を植えたりするのは、
花が好きだという以上に、この心弾み-芽が出た安堵、成長していく面白さ、
蕾がついたうれしさ、花がひらいた達成感-
ささやかな、そんな事柄が、私を励ましてくれるからだろうと。

花を育てるのは、きれいな未来を夢見ることだと思います。



スポンサーサイト



緑のカーテン

  • 2019/07/12(金) 15:35:31

梅雨の晴れ間の今日の福岡。

庭のブドウがツルを伸ばして、涼しい木陰を作っています。
budou1906_201907121526144dc.jpg

庭の土と相性が良かったのか、想定以上に大きくなって、毎年たくさんの実も付けます。

春。 玄関の小窓からは隣の団地の桜が見えます。
左に縦に伸びた枝がブドウです。やっと新芽が出てきた位。
sakuragenkan1904_2019041715074678d.jpg

それが今は
mado1906.jpg
ブドウのカーテンでちょっと涼しげ。

雨降りは鬱陶しいけれど、水不足が心配される福岡。
まだしばらくは、たっぷりと降ってほしいです。 私の小さな畑にも。


続きを読む

6月

  • 2019/06/01(土) 16:03:28

6月になりました。
5月のうちに何度も更新したいと思っていたのに、それも出来ずに6月です。

5月は花も野菜も、春の盛りも過ぎて、夏の準備をする時です。

で、長く咲いてくれたパンジーも片付けました。
最後の楽しみは、家に飾ること。
panjy1906.jpg
グラスは昔私が作った脚付きグラス。
特筆すべきなのは! (とちょっと力んで) 
これは昨秋、私が初めて種から育てたパンジーなのです。

panjy1903.jpg
3月の頃。 たったひとつの種の袋から、こんなに色幅のある花が咲きました。
これは種から育てた面白さ。

他にも、これはミックスの種から。
panjytane.jpg

こんなことやっているから忙しく、色々なことを積み残すのだ、とは判りつつ
やっぱり花が咲くとうれしくて、いつまでも懲りない私なのでした。

昨秋種を蒔いて、一番最後に咲くのがゴテチャ。
gotetya19062.jpg
圧倒的な花数です。
gotetya1906.jpg
種一袋から(しかも200円)  お仏壇の供花に大活躍(笑)

今頃咲く大好きな花 バイカウツギ
baikautsugi1906.jpg

ただ、どうしてこんな姿に? という変な樹形。
baikautsugi19062.jpg
土の深さが足りないのも一因だと思います。
ここは家を建てるときに、今は亡き父が玄関脇に小さな花壇を作ろうか?と提案してくれて
ふたりでホームセンターでレンガを選んで作ってもらった花壇。
父運転の軽トラに乗って行ったなあ、などと思い出す大切な場所です。

外仕事はまだまだあります。
苦手な暑さがひどくなる前に終えたいのですが。

5月

  • 2019/05/11(土) 16:19:19

ご無沙汰しているうちに5月も11日となりました。

ゴールデンウィークの10連休も全く関係ない我が家では
平成の終わりも令和の始まりも普段と変わりなく、余裕なく過ごしておりました。

普段と違うと言えば、娘が帰省したことですが、
これは 実家でのんびり過ごしたい、母の手料理は何かしら? くらいの
気持ちで帰ってきますから、たいして役には立ちません。

たまには母を助けてあげようとか思わないのか? 内心イラッとするものの、
彼女も外では社会人の顔をして仕事に励んでいるのだし、仕方がないかと自分をなぐさめ・・・

ちょっと愚痴ってみました。すみません(笑)


さて、風薫る5月。
みかんの花(八朔)が咲いています。
mikanhana1904.jpg
畑仕事で通るたび、清らかな香りに幸せな気持ちになるのでした。

数えてみれば、私は昭和を30年、平成を30年生きて、新しい元号を迎えました。
もう30年生きられるとは、ちょっと想像出来ないけれど、これからもがんばりたいと思います。

野菜の花

  • 2019/04/19(金) 15:58:57


冬野菜は気温が上がってくると、急に背を伸ばして姿を変え、最後は花を咲かせます。
そうなる前に早く収穫しなさい、ってことなのですが、花を咲かせて種を残すのが自然の姿。
面白いので、そのままにしてみる無精者の私です。

daikonhana1904.jpg
大根の花。

katsuonahana1904.jpg
かつお菜の花。背丈以上に伸びています。
博多のお雑煮には欠かせない風味豊かな青菜。厚揚げと煮びたしにして食べるのも好きです。

syungiku1904.jpg
春菊。春に咲く菊。なるほど。

hourensou1904hana.jpg
初めて育てて、知った花。ホウレンソウの花は小さくとても地味でした。

dhilhana1904.jpg
ディルの花。
ガラス教室の生徒さんに種をいただき、育った花のこぼれ種から再び大きく育ちました。
爽やかな香りです。

花として一番素敵だったのは、ルッコラの花。
rukkora1904.jpg
あずき色のつぼみと白い花のコントラストがカッコイイ。
ひと冬中、葉っぱを摘みつつ食べました。
何故だかゴマの香りがする、ちょっと苦味のある葉が好きです。 ありがとね。

いい加減片付けて、夏野菜の土作り(その前に草取り)をしなくちゃ、です。