FC2ブログ

びわ

  • 2020/06/14(日) 15:45:43

ウチのびわです。
父が植えて、今は夫が手入れをしてくれています。
biwa20062.jpg
器は 髙橋克典作 三つ足皿

biwa2006.jpg

梅雨、父、びわ。
色々と思い出される午後でした。

スポンサーサイト



お彼岸と十五夜

  • 2018/09/24(月) 23:58:46

毎年言ってることですが、秋の彼岸になればちゃんと咲いてくれる彼岸花。
higanbana1809.jpg
エライね。

そして今日は中秋の名月。
お彼岸参りにお客様がみえる予定もあり、さつまいもご飯を炊きました。
で、ふと思いつき、小さく丸めてお月見団子にしたらどうだろう?

例年は野菜や果物を三方に盛ってお供えしていましたが、
お団子なら夫の三ツ足皿を使ってみてたい。

で、こんな風に。
jyuugoya18091.jpg

jyuugoya18092.jpg
高橋克典作 蘇芳三ツ足皿 と私作の花入れ

ススキがなかったので、風知草の花穂をススキに見立て、庭の百日草と
咲き始めた青じその白い花を挿してみました。

さつまいもご飯のお団子はちょっと不細工だし、花を活けるセンスもないけれど、
季節のこんなことをするのは、好きなのでした。

で、肝心のお月さま。
どんより曇った1日でしたが、先ほど外に出てみれば、
雲の向こうにぼんやり顔を見せてくれました。
よかった。


栗ぜんざい

  • 2016/11/02(水) 13:10:42

栗は好きだけど、あの皮むきの面倒を思うと、自分で買おうとは
思わないずぼらな私ですが、毎年栗をいただきます(笑)

何度も栗ごはんを炊き、美味しくいただいて、使い切った!と
思ったところに再びの頂き物。

折角だからと、栗の甘煮に初挑戦。
kuri16112.jpg
器は教室再開の日に作った小鉢。
相変わらず垢抜けない印象ですが、型に入れたガラスは出来る影がキレイです。

お菓子の本を読むと、栗の甘煮を使って「栗蒸しようかん」や「栗かのこ」といった
秋の和菓子が出来るのだけど、そこまでは頑張れない。

で、今日はおぜんざいを作って「栗ぜんざい」
月命日の父にお供えしたのでした。

栗もぜんざいも好きだった父。
元気なうちに作ってあげればよかったな。

ガラスに和菓子

  • 2015/07/07(火) 17:16:09

友達から可愛いお菓子をもらいました。
徳島の「ゆうたま」 果実と寒天をあわせた綿玉菓子。

「ガラスのお皿にのせて写真を撮ったらどうかな」と思ってくれたそう。

kashi15072.jpg
高橋克典作 「渦紋鉢」

kashi1507.jpg
「白金彩皿」

kashi15073.jpg
グリーンオパール三つ足皿

お菓子に料理にくだものに。
色々にお使いいただきたい、高橋克典のガラスの器です。


さて、今日は七夕です。
何度も言ってきた気がするけれど、今の暦で7月7日は梅雨の真っ最中。
七夕飾りも外に出せないし、天の川ものぞめません。

七夕は旧暦でお願いしたいのです。



立春

  • 2015/02/04(水) 12:32:53

ご無沙汰しているうちに早や2月。
今日は立春となりました。

紅梅はこんなに花を咲かせています。
koubai1502.jpg

そしてこれは両親の庭のキンカンです。
kinkan1502.jpg
彩りの少ないこの季節、明るい黄色がとてもきれい。

昨年までは小鳥がついばむだけでしたが、何か使ってみようと、
今年は甘煮を作ってみました。
kinkan1502-2.jpg
器はわたくし作 渦巻きの鉢。
ぽたぽたに柔らかく煮えた実は、
噛むとじゅわっと甘くて、少し苦味もある汁が口に広がります。

キンカンの風味が溶けだした煮汁はお湯で割っていただきます。
キンカンですから、喉にいいのじゃないかしら?

やるべきことをこなして1日が終わることの多い日々で、
(やり残すことの方が多いかな?)
たまにこんなことが出来ると、小さな満足を覚えるのでした。