FC2ブログ

春を片付ける

  • 2020/05/18(月) 11:42:59

今、畑や花壇は春のものを片付け、夏の準備をする時期です。

もう準備は出来ました! というのが理想だけれど、
何しろ私の仕事ですから、なかなかそうはいかず、
追われるような気分で励んでいます。

夏野菜の植え付けは終わりました。

春の花を片付けて、夏の花の苗を植えたいのですが、毎年ちょっと手が止まるのは
まだ花が咲いているからです。
盛りは過ぎているけれど、観れば蕾もついている。
引っこ抜くのはちょっと可哀想。でも、次のために土の準備も必要です。

で、花は切り取り飾って楽しみます。

panjy2005.jpg

panjy20052.jpg
パンジーは私作、泡泡の花入れに

キンセンカは髙橋克典作 「鳥の片口」に挿してみました。
kinsenka2005.jpg

kinsenka20052.jpg
ホントに入れただけ。 
あまり日持ちもしないけれど、最後まで楽しんだよという自己満足と言い訳で
片付けを進めています。

ただ、私の花壇の夏の主役、百日草の種をポットに蒔いたのですが
発芽率が悪い! なぜ? どうか芽が出ますように。祈っています。

スポンサーサイト



水仙

  • 2018/03/21(水) 15:57:03

suisen1803.jpg
両親の庭にいつの間にか咲いていました。
大きくて、存在感たっぷりの水仙です。
母が球根を植えた筈だから、病気をする前と計算すれば、8年以上は前の事。
何の手入れもしてやらないのに、エライよね。 ありがとう。

minisuisen1803.jpg
こちらはウチの小さな庭に咲いた、ミニ水仙。
昔、工房にやってきて、あっという間に逝ってしまった猫のチャアのお墓で毎年咲いています。

さて。
暑さ寒さも彼岸まで、と言うのに、昨日今日の寒さはどうしたことでしょう。
開き始めた我が家のエドヒガン桜も雨と寒さで、可哀そうです。
やっぱり淡い色の桜を見上げた後ろには、青い空が似合います。



7年

  • 2018/03/15(木) 15:42:05

3月11日で東日本大震災から7年が過ぎました。

7年という決して短いとはいえない年月、沢山の方が頑張っていらしたのだと思います。

町の整備が進んだり、避難指示が解除されたり。

でも結局のところ、一人ひとりが納得できる、というのか、受け入れられる状況になるまで
復興が完了した、とは言えないのだろうと思いました。

あれだけの災害で、大切な人や場が失われて、受け入れるってことが出来るのか、
それも私にはわからないのですが。

時折思い出すことがあります。

原発事故からしばらくして、福島の若い女の子がインタビューに答えていました。
飲食店のようなところで、友達と賑やかにしながら、
「ウチラ、もう将来子どもは産めないし」と。

その時、その子に、そんなことを思わせた、
ひとつの未来を奪われたと感じさせていることに、
私はショックを受けました。

あの子は今、どうしているだろう?

事故が本当にうらめしいです。


記念日

  • 2017/03/25(土) 12:16:26

今日3月25日で、鎧坂ガラス工房は15周年を迎えました。

厳しい経営は一向に変わらないけれど、何とか続けてこれました。
それも周りの皆さんの応援と、夫のガラスに対する強い意志があったからだろうと思います。

15年前、工房で窯開きの神事を行い、展示室でお祝いをやりました。
あの時挨拶をしてくれた、父の大事なお友達も、父も、今は空の上です。

夫の両親、私の両親が工房を開くことにどれだけ心を砕き、応援してくれたことか。
色々なことが思い出され、その愛情を改めて思う今日、父にお線香をあげながら、
「ありがとう」と言いながら、しばらく泣いたことでした。

そしてもうひとつ、このブログは10周年。
なかなか更新も出来ないブログだけれど、とにかく続けていこうと思います。

ツボ替えも終わり、今は窯の温度を上げている最中で、明日にはガラスを投入、
27日に再開です!

これからも頑張ろう。
どうぞよろしくお願いします。

熱く


 

丸いハル

  • 2013/05/15(水) 17:19:45

seiji1305.jpg
チェリーセージ
頂いた苗が今年はよく花をつけました。

庭で写真を撮っていたら、
「おかあさ~ん」と呼ぶ声が。

振り向くと
haru1305.jpg
ハルが網戸越しに鳴いています。

久しぶりに登場、ウチのハル。
こんなに大きく(太く)なりました。

好きだよ♪