FC2ブログ

緑のカーテン

  • 2019/07/12(金) 15:35:31

梅雨の晴れ間の今日の福岡。

庭のブドウがツルを伸ばして、涼しい木陰を作っています。
budou1906_201907121526144dc.jpg

庭の土と相性が良かったのか、想定以上に大きくなって、毎年たくさんの実も付けます。

春。 玄関の小窓からは隣の団地の桜が見えます。
左に縦に伸びた枝がブドウです。やっと新芽が出てきた位。
sakuragenkan1904_2019041715074678d.jpg

それが今は
mado1906.jpg
ブドウのカーテンでちょっと涼しげ。

雨降りは鬱陶しいけれど、水不足が心配される福岡。
まだしばらくは、たっぷりと降ってほしいです。 私の小さな畑にも。


スポンサーサイト

続きを読む

作品展のお知らせ

  • 2019/07/07(日) 15:48:49

もう今週になりました。大分で作品展に参加します。


江副行昭と一門展

tokiwa20192.jpg


◆令和元年7月11日(木)~7月17日(水)
  午前10時~午後7時 ※最終日は午後4時半閉場

◆大分トキハ本店  7階画廊 
  大分市府内町2丁目1番4号
  ℡ 097-538-1111

高橋の師、江副行昭先生の溶壌ガラスは南アルプスの土を1500度の高熱で
溶かして造る独創的なガラス作品です。

江副行昭、生形昌代、高橋克典、3人の個性それぞれを
お楽しみいただける作品展になると思います。

作家は只今準備に邁進中。
冷酒や冷たい麺など、夏の普段使いに良さそうな作品も並びそうです。

どうぞご高覧下さいませ。




扁平角

  • 2019/07/01(月) 15:33:55

久しぶりにガラスの話題です (何のブログなんだか、すみません)

2月の個展で発表した、高橋克典作 「扁平角一輪挿し」
ichirinzasi19022.jpg ichirinzasi1902.jpg
有難いことにご好評をいただきました。

で、ガラス教室再開の折、先生が「やってみましょう」と私たちに作り方を教えてくれました。

kakuglass19064.jpg
ブロックの穴に吹き込みます。

私が作ったものです。 全部同じブロックに吹き込んだのに、出来上がりはこんなにバラバラ。
kakuglass1906.jpg

その中では、これが一番出来が良いかと。 色も好きだし、ヒビも入れました。
kakuglass19062.jpg

ただ、横から見ると、猫背なのでした(涙)
kakuglass19063.jpg

さて、今日から7月。
先日ようやく梅雨入りした福岡は、空気が一遍に変わって蒸し暑いこと!
工房の中では汗が止まりません。
それでも教室の夏休みまであと1ヶ月。
何とかましな作品を作りたいです。

皆様、どうぞお元気にお過ごしくださいね。

桜の根

  • 2019/06/23(日) 15:54:49

ガラスの展示室の表には、亡き父がレンガ風のタイルを敷き詰めてくれました。
そのタイルが何年も前から浮き上がってきており、どうやらそれは桜の根っこが
張り出してきて、持ち上げているようだとは判っておりました。

それがこの頃、扉の開閉にも支障をきたすようになり、取り除くしかないだろうと、
本日夫が作業をしてくれました。

sakura1906.jpg
車の後方にあるのが桜の樹。
あんなところから延々と根を伸ばしていたのです。
sakura19062.jpg

sakura19063.jpg

樹木の力ってすごいな。
sakura19032.jpg
今年の春もきれいに咲いてくれた桜。
父が持ち帰って、ここに植えようかと言ってくれた時、それはまだ私の背丈ほどもありませんでした。
ただ母だけは、「こんな石垣の傍に植えて、大きくなったらどうするとよ!」と怒っていたけれど、
父も私も受け流し、結果母の言ってた通りになったのですが(笑)

根っこを切って、かわいそうなことをしたけれど、どうか元気でいて下さい、と祈ります。



6月

  • 2019/06/01(土) 16:03:28

6月になりました。
5月のうちに何度も更新したいと思っていたのに、それも出来ずに6月です。

5月は花も野菜も、春の盛りも過ぎて、夏の準備をする時です。

で、長く咲いてくれたパンジーも片付けました。
最後の楽しみは、家に飾ること。
panjy1906.jpg
グラスは昔私が作った脚付きグラス。
特筆すべきなのは! (とちょっと力んで) 
これは昨秋、私が初めて種から育てたパンジーなのです。

panjy1903.jpg
3月の頃。 たったひとつの種の袋から、こんなに色幅のある花が咲きました。
これは種から育てた面白さ。

他にも、これはミックスの種から。
panjytane.jpg

こんなことやっているから忙しく、色々なことを積み残すのだ、とは判りつつ
やっぱり花が咲くとうれしくて、いつまでも懲りない私なのでした。

昨秋種を蒔いて、一番最後に咲くのがゴテチャ。
gotetya19062.jpg
圧倒的な花数です。
gotetya1906.jpg
種一袋から(しかも200円)  お仏壇の供花に大活躍(笑)

今頃咲く大好きな花 バイカウツギ
baikautsugi1906.jpg

ただ、どうしてこんな姿に? という変な樹形。
baikautsugi19062.jpg
土の深さが足りないのも一因だと思います。
ここは家を建てるときに、今は亡き父が玄関脇に小さな花壇を作ろうか?と提案してくれて
ふたりでホームセンターでレンガを選んで作ってもらった花壇。
父運転の軽トラに乗って行ったなあ、などと思い出す大切な場所です。

外仕事はまだまだあります。
苦手な暑さがひどくなる前に終えたいのですが。

5月

  • 2019/05/11(土) 16:19:19

ご無沙汰しているうちに5月も11日となりました。

ゴールデンウィークの10連休も全く関係ない我が家では
平成の終わりも令和の始まりも普段と変わりなく、余裕なく過ごしておりました。

普段と違うと言えば、娘が帰省したことですが、
これは 実家でのんびり過ごしたい、母の手料理は何かしら? くらいの
気持ちで帰ってきますから、たいして役には立ちません。

たまには母を助けてあげようとか思わないのか? 内心イラッとするものの、
彼女も外では社会人の顔をして仕事に励んでいるのだし、仕方がないかと自分をなぐさめ・・・

ちょっと愚痴ってみました。すみません(笑)


さて、風薫る5月。
みかんの花(八朔)が咲いています。
mikanhana1904.jpg
畑仕事で通るたび、清らかな香りに幸せな気持ちになるのでした。

数えてみれば、私は昭和を30年、平成を30年生きて、新しい元号を迎えました。
もう30年生きられるとは、ちょっと想像出来ないけれど、これからもがんばりたいと思います。