FC2ブログ

ラグビーワールドカップ

  • 2019/11/04(月) 14:43:02

ラグビーワールドカップ日本大会、南アフリカの優勝で幕を閉じました。

盛り上がりましたね。

特に日本が素晴らしい試合で快進撃、準々決勝まで進んだ日々は
どきどき、わくわく。 テレビの前できゃーきゃー、わーわー言っておりました。

私の友人には日本戦の5試合すべてをスタジアムで応援したという、
うらやましすぎる強者(ちなみに女子)もおりますが、
私と夫も行ってきました!

10月12日、博多の森の アイルランド×サモア戦
ragby2.jpg

チケットを取ったのは1年以上前で、その頃はこんなに日本中が盛り上がるとは
思いもせず、むしろ折角の日本開催がうまくいくのか、ちょっと心配していた位です。

生の迫力を感じられるほど良い席ではありませんでしたが、ひとつひとつのプレーに起きる
歓声やため息が、大きくまとまってスタジアムに響き渡る、その一体感と高揚は、格別でした。

鉦や太鼓を使わず、年齢層も幅広く、ちょっとおとなな感じも良かったです。
私たちの列には、70代とおぼしきアイルランド人のグループもいらして、前で興奮して立ち上がる
アイルランドの若者に「Sit Down!」と叱責する姿も面白く。

アイルランドの緑のシャツを着たサポーターもたくさん。
印象としては3割くらいかな?

遠い国まで応援に行って、試合と試合の間には観光しながらひと月過ごす。
なんて出来たら楽しいだろうなあ。
多分かなわぬ夢だけど。

ragby1.jpg

楽しい時間をありがとう!




スポンサーサイト



10月は

  • 2019/10/28(月) 15:44:19

katsura1910.jpg
ほとんど葉を落としたカツラの木の向こうに、
きれいな秋空が広がっています。

気が付けば、10月ももうすぐ終わり。

今月は台風とその後の大雨で、甚大な被害が出ました。
その詳細を報道で知るたびに、胸が塞がる思いです。

どうして、こんなことが?
と、思わずにはいられませんが、自然災害を前に問うても答えはありません。

ただ、この激しい気象現象は、地球の温暖化と無縁ではないのでしょう。

五十年に一度という大雨が、毎年、日本のどこかで降るような、
そんな時代に入ってしまったのか?
漠とした不安を感じ、そんな時私は、介護している母を守り切れるだろうか?と
いつも思います。

被災された方々が少しでもお元気になられますように、お祈りしています。

syumeigiku19102.jpg
大好きなシュウメイギクが咲く季節。
もうこれからは、穏やかに過ぎてくれますように。

ちょっと、秋らしく

  • 2019/10/08(火) 16:40:19

今日は気温がずいぶん下がりました。
午後からは晴れ間も出て、さわやかな秋の空気がうれしいです。

syumeigiku1910.jpg
秋明菊の最初の花が咲きました。

susuki1910.jpg
ススキの穂も輝いて。

ハルも元気。
harukinmokusei1910.jpg
金木犀の香りを楽しんでいる、
のではなくて、この葉っぱはかじれるかな?と観察中。
(これは9月の末の写真です)




10月

  • 2019/10/02(水) 16:00:00

10月になりました。

お話したいこともあったのに、パソコンが壊れかけるという事態に
更新もままなりませんでした。

お彼岸も過ぎたのに、まだ暑いけれど、もう少しで秋らしくなりそうです。

やるべき仕事も盛りだくさん。
心のネジを巻いて頑張りたいと思います。

mandebira1909.jpg
マンデビラがきれいです。



お月見

  • 2019/09/14(土) 15:00:48

昨夜は中秋の名月でした。

otsukimi1909.jpg
ススキとお団子とハルちん。

でも肝心のお月さまは雲に隠れて、何度か外に出てみたものの、拝めず仕舞い。
昼間はあんなに晴れていたのに。
雲の意地悪。

9月

  • 2019/09/12(木) 15:38:34

とっくに9月。もう12日になりました。

8月の記事も1件だけで、情けないことです。ごめんなさい。

苦手な暑さにまいりながら、日々の仕事を何とかこなしているうちに、9月です。

早く涼しくなってほしい。そうすれば、心身のスイッチも入るのじゃないか、と言い訳がましく・・・

higanbana1909.jpg
もう、彼岸花も咲いているのに。

さて工房は、8月半ばに窯の火を止めました。
普段、休みらしい休みもない夫は、外回りのことなど、いろいろ働いてくれています。

年に1度のSALE、ガラス祭りは、作品が足りなくて、今年はお休みさせていただきます。
気にかけて下さったお客様、申し訳ありません。
来年こそは、元気にお会いできるよう、頑張りたいです。