「おはよう」って言う

  • 2018/05/13(日) 13:45:00

八十八夜も過ぎて新茶の季節になりました。

地元福岡にも八女(やめ)茶という、美味しいお茶の産地があります。

それで時々思い出す方がいます。
もう何年も前のこと、福岡の情報番組で、お茶の品評会で日本一に輝いた
八女のお茶農家のおじいさんを取材していました。

「どうしたら日本一のお茶が出来るんですか?」と訊ねられ、
穏やかそうなその方は、ちょっと困ったような照れたような表情で
「毎日、朝、おはようって言う」とお答えになり、
私は不意をつかれる感じで感動したのでした。

日本一のお茶を作るには、大変な技術も手間も必要でしょうのに、
そんなことは一切言わず。

例えばお母さんが朝起きてきた子に「おはよう」と声をかけながら
その子の表情や物腰に無意識ながら体調を読み取っているように。

その方は何十年も、そうやってお茶をいつくしみ、育てていらっしゃったのだろうと
想像するのです。


ただ、「愛情を込めて育てています」というお答えだったら
案外聞き流していたかもしれません。

生き方、人柄から出た自然な言葉。
「毎日、朝、おはようって言う」

忘れられない言葉です。




スポンサーサイト

かこさとしさん

  • 2018/05/09(水) 23:42:38

絵本作家のかこさとしさんがお亡くなりになりました。

幼い娘に読み聞かせた「だるまちゃんとてんぐちゃん」はとても好きな絵本です。

てんぐちゃんのようなうちわが欲しい、ぼうしが欲しい、
はきものが欲しい、鼻が欲しいと訴えるだるまちゃんに
お父さんだるまは沢山のうちわやぼうしやはきものを
出してくれます。
鼻は花だと勘違いして。

その、ちょっと過剰なくらいの数とバリエーションが楽しい!

巧みだとか洗練された、とかではないけれど、丁寧で楽しい絵柄と
あたたかいユーモア。

かこさんの絵本はいつまでも心に残ります。

だからこそ、長く愛されてきたのでしょう。

いつか私に孫が出来(そんな日が来るとうれしいなあ。彼女はまだ結婚もしておりませんが)
孫にも読み聞かせてやれたらなあ。

素晴らしい本をたくさん遺してくださって、ありがとうございます。


ご冥福をお祈りいたします。



自転車

  • 2018/05/06(日) 00:06:35

時々自転車に乗ります。
父が乗っていた、電動自転車。
これなら坂道もとても楽。

そうやって快適に走っていると、電動ではない、普通のサイクリング車に乗った若者が
私を軽やかに追い抜いていく、という…

haru1803.jpg
どういうこと? ハル?

5月

  • 2018/05/02(水) 12:33:21

5月になりました。
今日、5月2日は父の命日。丸二年が経ちました。

毎日父を想います。
それはまだ、懐かしく思い出すといったものではなく、
父の不在がさみしく、つまらなく、悲しく、つらい。
その時々で濃淡はあるものの、つらさにからめとられ、苦しくて、
「大丈夫かな、わたし?」と思うことも。

それは多分、その時の私の心身の状態にもよる気がします。

いっそカウンセリングでも受けたら何か変わるのか?と考えるほどの
こともあったけれど、それもちょっと違う気がして。

この年になり、生まれて初めて知った感情。
そんな想いを抱えている人は沢山いらっしゃるだろうのに、
体験しないとわからない。
みんな、そんな想いを抱えて生きているんだ、と素朴に敬意を感じます。

先日、三回忌でのこと。
夫が挨拶した中で、父の鶏小屋のことに触れました。
それは父が自分で作った初代の鶏小屋で、二代目に引っ越してからは
次第に朽ち果て、傾いておりました。
窯の火を止めている間に夫が数日かけて片付けてくれたのです。
「ご苦労様です」と声をかけると、「中々大変です」とだけ言っていました。

その過程で、どうしてここに釘を打ったのかな? ああ、そういうことか、と
改めて父の知恵と工夫に思い当たることが何度もあったそうで、
「お義父さんはもういないけれど、こんなふうに、今でも会話することが出来るんだなと
思いました」 と。
そんなこと思ってたんだ。私はちょっと泣きました。

その後、娘と二人でいる時に、娘が「お父さんの挨拶良かったね」と言うので
「そうね」と答えると、
「普段はあんまり喋らないのに、たまに話すと結構いいこと言うよね」
とえらそーなのに笑ったことでした。

確かにそんな感受性を持っていることは、夫の人としての良さだと思ったのでした。

sakuranbo1803.jpg
父が数年前に植えたさくらんぼ。今年はよく花が咲いて、赤い実を付けました。






4月の花

  • 2018/04/29(日) 17:31:45

4月は花が溢れる季節。
写真は撮っていましたが、中々更新出来ませんでした。
少しまとめてご紹介させて下さい。

まずは冬からずっと咲いて、花の盛りが4月のパンジー
panjy18044.jpg

panjy18043.jpg

panjy1804.jpg

panjy18042.jpg

panjy18045.jpg

panjy18046.jpg
今年はこのパンジーが一番好きでした。

白い花木シリーズ
oodemari1804.jpg
オオデマリ
himeutsugi1804.jpg
姫ウツギ
hanamiduki1804.jpg
ハナミズキ

もりもり育ったキンセンカ
kinsenka1804.jpg

逆に昨年のこぼれ種でいっぱい育つと目論んでいたのに、
1か所でしか芽が出なかった紫花菜
murasakihanana1804.jpg
こちらは強い。勢力を伸ばすツルニチニチソウ。
tsrunichinichi1804.jpg

父が遺してくれた花木いろいろ。
tsubaki1804.jpg
絞りの入った椿。

tsutsuji1804.jpg
工房に上る坂道の両脇で「こぼれるように咲き誇る」つつじ。
つつじの花はこんな形容が似合う、派手さとボリュームなのでした(笑)
tsutsuji18042.jpg

そして春の花木で一番好きです。
ringo1804.jpg
りんごの花。愛らしい娘さんのようです。

季節がくれば花を咲かせて、私を慰め、励ましてくれる植物たち。

秋の庭仕事も報われて、満足な春でした。

続きを読む

ぼたん

  • 2018/04/18(水) 20:05:07

両親の庭で咲いたぼたんの花。
botan18041.jpg
部屋に飾ると、香りが漂います。

その華やかさ、艶やかさで、やっぱりぼたんは特別な花。

両親の家の庭は、亡き父が自分で作りました。
花木も多く、四季折々に楽しい庭。

botan18042.jpg
これは比較的後から植えたぼたん。
きっと寝たきりの母が、ベッドから楽しめるように植えたのだろうと思います。

今は我が家にいる母のベッドサイドに飾りました。

ありがとう、お父さん。